言乃葉の笹ふね

笹舟を流すように 言の葉を流そう さらさら流れるよ天の河 ころころと ことたまの 玉手箱

はっきり すっきり きっぱり

f:id:kototamakotonomama:20181031201903j:plain



一見不毛な人間

関係ハッキリ真実を言語化してみると

心が  価値観という囚われの中から

案外  するりと  自由になるものです


真実を  ただ言葉にする


例えば  ◯◯さんが何々してくれない  

△△さんが◇◇さんにばかり☆☆だ  とか


案外  本当のことは  情けなくて

目をつむっていたいもの


でも  思い切って  はっきりと

一度  言語化してみると

言葉という  ニュートラルな存在が 

自分が  いかに  依存していたかを

単純な事実として  伝えてくれます


ほら  ハッキリ言われたからこそ

はじめて  スッキリすることって

案外  ありませんか?

ならば  あとは  キッパリするだけ


人間関係だと思っていたことは

単に  自分関係だったという  

自作自演の  ハッピーエンド


そのとき  うまれてはじめて

自分自身という  真っ白な真新しい道

真言 -まこと- に出会ってゆくのでしょう


〜  言乃葉の笹ふね  第三十二葉  〜